SIM交換とレンタカーを借りてシラチャへ

Sixt rent a car シラチャ
Sixt rent a car

スワンナプーム国際空港についた後は入国手続き、去年よりも人が多くて時間がかかりました。荷物が出てくるのは、いつも遅い。日本航空だろうがタイ航空が関係なく、遅い。

ツーリストSIMに交換

まずはインターネットがつながらないと色々と不便だったりするので、SIMの交換。

今年も出発前に日本で購入しました。ちょっと思ったことは、飛行機の中で交換しておけばよかったってことです。離陸してしまえばもうネットはつながらないので。空港は人が多くて座る場所を探すのも大変です。

外袋に電話番号が書いてあるのでチェック

SIM交換
SIM交換

ナノSIMを使います。

ナノSIMを使います
ナノSIMを使います

裏面はこんな感じです。

ナノSIMを使います_表面
ナノSIMを使います_表面

手順を書いた紙も入っていますが、使ったことはありません。SIMを入れ替えるだけで、つながります。日本に帰った後もSIMの入れ替えだけで特になにも設定することもなくネットにつながります。

SIM交換後の開通手順
SIM交換後の開通手順

ネットにつながるとTRUE MOVEからSMSが送られてきます。

中国語の説明書も入っています。

タイツーリストSIMパッケージ
タイツーリストSIMパッケージ

色々と書いてあるのですが。

タイツーリストSIMの説明書1
タイツーリストSIMの説明書1

読めません。

タイツーリストSIMの説明書2
タイツーリストSIMの説明書2

なんとなく何について書いてあるかはわかるのですが。

タイツーリストSIMの説明書3
タイツーリストSIMの説明書3

必要なところだけ翻訳アプリで翻訳してみました。
電話のかけ方です。

タイツーリストSIM使い方 日本語訳
タイツーリストSIM使い方 日本語訳

呼び出し音が鳴るまでに少し時間がかかるような気がします。

シックストレンタカーで車を借りる

前回、小さなレンタカー会社で車を借りたら、帰す場所がわかりずらくて困ったので、今回は大手のレンタカー会社で借りることにしました。

シックストレンタカーのカウンター
シックストレンタカーのカウンター

到着ロビーにレンタカー会社のカウンターがあります。誰もいなくて電話をかけていると、人が来て受付してくれました。

ここで国際免許証とパスポートを見せてデポジットを払いました。デポジットはレンタカー料金よりも高いとか…

その後、レンタカー会社のオフィスまで送迎してくれました。空港の建物周辺の道路は難しいので、少し離れたオフィスはわかりやすくて助かります。

5分ぐらいで到着。用意してあった車の状態をチェックして出発。スムーズでした。

借りた車には、AppleCarPlay が付いていました。Bluetoothでのつなぎ方はわからなかったけれど、USBでつなぐとすぐに使えるようになりました。

カーナビがないものと思っていたので、よかったです。

行先を登録して出発です。スワンナプーム国際空港に着陸してからここまでで2時間もかかりました。

シラチャへ向かいます
シラチャへ向かいます

シラチャまで1時間ちょっと、おなかがすいたので日本から持ってきたお菓子、鳩サブレーならぬひよ子サブレーを食べながら向かいます。

鳩じゃないひよ子サブレー
鳩じゃないひよ子サブレー

行き先↓

タイトルとURLをコピーしました