バンコクから「ラン島」へ海水浴に行ってきました

NO IMAGE

ラン島、Ko Lanへ行ってきました。ラン島はバンコクから南東へ150kmのところにあります。まずパタヤまでバスで行きます。通常はパタヤまではバスで約2時間です。パタヤからスピードボートに乗り換え、15分でラン島に到着します。
※2012年時点の情報です。

ラン島の景色はきれい

ラン島の青い海

目次

1.ラン島の場所

2.バンコクからパヤタ経由でラン島へ

今回はツアーで行きました。

早朝、バンコク中心部のホテルからバスで出発です。

バンコクを出発した直後は混雑していませんでしたが、パタヤが近づくにつれて道が大渋滞。

バンコクからパタヤまで2時間ぐらいのところ+1時間ぐらいかかっていました。

パタヤ中心部に入ってからも大渋滞で予定を大幅に遅れてパタヤからラン島行きのスピードボートに乗りました。

スピードボート怖い

スピードボートに乗るときは、船着き場などはなく、海の中を歩いてボートに乗りました。波があるし、太ももぐらいまで深さがあって怖かったです。でもさらに怖いのはスピードボート。めちゃくちゃ揺れます。船に弱いので、気持ち悪くなりました。

パタヤからラン島までは、スピードボートで15分ぐらいなのですが、きつかった。

3.ラン島到着

ラン島に到着してみると、そこは海水浴場でした。

リゾートのビーチとは程遠い大衆向けのふつうの海です。

ラン島はリゾートではない

ラン島はリゾートじゃなかった

お店がたくさんあって、人も多くて賑わっていました。

ラン島は活気あり

活気のある海水浴場

遠くから見ると、海が青くてとてもきれいです。

ラン島の景色はきれい

青い海なのに

近くでみると、結構汚い。

パタヤの近くの海は生活排水で汚れているため、海水浴はおすすめじゃないそうです。

ラン島は少し離れているのでOKだそうですが、あまりキレイじゃなかったので、不安になり、足だけにしておきました。

焼きエビです。おいしそうだけどほとんど食べていない。辛いタレ付き。

焼きエビ

おいしそうな焼きエビ

焼き鳥はボリュームあり、おいしそうだけどひとくちも食べていない。こちらもやはり辛いタレ付き。

焼き鳥

おいしそうな焼き鳥

スピードボートにやられて、何も食べられませんでした。

マンゴースムージーはおいしかったです。

マンゴースムージー

マンゴースムージー

体調が回復してきたころ、生ドリアンを発見。

お菓子とか加工されたものは食べたことがありましたが、生は食べたことなかったので、チャレンジ。

生ドリアンは悪くない

生ドリアンは悪くない

生臭いですが、食べられないほどひどいものではありませんでした。

逆にキャンディとかお菓子になっているほうが臭さが増していておいしくないです。

4.ラン島からバンコクまで

ラン島での滞在時間は2~3時間ぐらい。

帰りもスピードボートに乗ってパタヤへ戻り、パタヤからバンコクまでバスで戻りました。

帰りもパタヤは大渋滞でなかなか抜けられず。

バンコク中心部に入ってからも渋滞がひどくて

帰りにおみやげやさんに連れていかれる予定でしたが、中止になりました。17時をすぎるとおみやげやさんはクローズだそうです。

渋滞がひどくてバスが進まないので、BTSの駅で下してもらいました。ホテル到着は19時。

5.ツアー代金

1800バーツでした。

自分でバスに乗って安い船に乗って行けばもっと安く行けますね。それもおもしろいかもです。

6.さいごに

渋滞にはまるし、ボートに酔うしで散々なめに合いましたが、まあこういうこともありますよね。

ラン島はリゾート地ではないので、水洗トイレはなく強烈に臭く汚い和式のトイレしかありませんでした。これもつらかった。

タイ観光カテゴリの最新記事