パタヤ「ブラウハウス」でタイのマンゴースイーツ「カオニャウマムアン」を食べました。

NO IMAGE

タイに来たら、一度は食べたいものがあります。
それはマンゴー!です。

ブラウハウス「カオニャウマムアン」

カオニャウマムアン

タイはマンゴーがあま~くてとってもおいしいです!

そのうえ日本よりもリーゾナブルなお値段で食べられます。

マンゴーだけでもいいのですが、せっかくなのでタイのスイーツ

カオニャウマムアン(Khao Neeo Mamuang)を食べます。

カオニャウマムアンは、生のマンゴーにココナッツミルクのかかったもち米が添えられているスイーツです。

英語では

Sticky Rice With Mango

または

Mango With Sticky Rice

などと書かれています。

ブラウハウス「カオニャウマムアン」

カオニャウマムアン

今回はブラウハウスパタヤ(Brauhaus Pattaya)というカフェで食べました。ネットで調べるとジャーマンレストランと書かれていました。

特に何かで調べたわけでもなく、どこかで休憩したいなと思ってカフェを探しているときに見つけたお店です。

店頭のメニューにカオニャウマムアンがあると書かれていたので入りました。

ブラウハウスはセカンドストリート沿いにあります。ドイツ料理のお店です。セントラルフェスティバルから、歩いて5分ぐらいのところです。

地図

昼間だったせいかお客さんは数組だけでした。

外国人ばかりです。パタヤはリゾート地なので外国人が多いのですが、それにしても外国人ばかりのお店でした。

ここのお店のカオニャウマムアンは、ボリュームがありました。

マンゴーのサイズは大きいし、もち米の量も多いです。もち米はごはん一膳分はありました。たいていはその半分か3分の1ぐらいの量です。

もち米でおなかがいっぱいになって夜ごはん食べられなくなりました。それでもマンゴーが甘くておいしかったので大満足です。

カオニャウマムアンは170バーツでした。日本円で約600円(1バーツ3.5円 2015年12月)

スイーツカテゴリの最新記事